気になる生活習慣病、その実態に迫る

MENU

生活習慣病と糖尿病

生活習慣病のひとつに糖尿病がありますが、一番耳馴染みがある生活習慣病といってもいいかもしれません。生活習慣病の糖尿病は、どんな病気なのかというと、私たちが普段食事をするときには食べた物の糖質というのは分解され、ブドウ糖になって血の中に含まれて全身に送られていきますが、すい臓から出るインスリンという成分の働きでこのブドウ糖が体の中に吸収されていきます。しかし糖尿病の人というのはインスリンの分泌が極端に少なかったり、あまり働かないという状態のことをいい、生活習慣病の糖尿病になってしまうと、いろいろな病気の原因にもなりえるといわれているのです。

 

生活習慣病の糖尿病は、体質によったり、カロリーを摂取しすぎたり、運動不足が原因で肥満になってしまったことによってインスリンが減って糖尿病になりやすいといわれ血手年齢としては生活習慣病の糖尿病は中高年の人によくあるといわれているのですが、ここ数年は若い人でも糖尿病になりやすいといわれています。生活習慣病の糖尿病の予防には、運動不足を解消したり、肥満やストレスの解消などが必要ですが、自分でも毎日の生活習慣を見直すことで十分予防改善ができる生活習慣病ですので注意しましょう。

生活習慣病とがん

生活習慣病の中にはがんになるような生活習慣病もあるといわれていますが、たとえば食生活の上で気をつけなければ生活習慣病として大腸がんなどになる可能性も高いのではないでしょうか。また喫煙をしている人は生活習慣病から肺がんになりやすいともいわれていますし、飲酒の量によっては生活習慣病の肝臓がんになりやすいともいわれていますよね。がんや心臓病、脳卒中といった病気はもともとは生活習慣病といわれる前は成人病といわれていて年齢が高くなれば発生する可能性が高いといわれていたのですが、今は生活習慣病は毎日の食生活、喫煙やアルコールの摂取量によってがんなどになりやすいということがわかりました。

 

生活習慣病でがんになるとは思ってもいない人も多いかも知れませんが、生活習慣病でがんになるといえば喫煙をしすぎて肺がんになるくらいだと思っている人も多いと思います。しかし喫煙の肺がんだけでなく生活習慣病からがんになる可能性は色々とあります。日頃から生活を改めておかなければ生活習慣病になってその後、がんになる可能性が高くなりますから十分に注意しておく必要があるといわれています。生活習慣病のがんはそれほど糖尿病や高血圧に比べると発症率は低めですがそれでも発症します。

生活習慣病と高血圧

生活習慣病の中でも一番多いといわれているのが高血圧ですが、日本では生活習慣病の高血圧にかかっている人が3500万人もいるといわれていますね。しかも30歳以上の人の半分が生活習慣病の高血圧といわれていますからかなりの確率で生活習慣病になるかもしれません。生活習慣病の高血圧の特徴としては自覚症状があまりないことで、自分が生活習慣病の高血圧を放置している人がいて、そのまま病気にかかる人が多いのが特徴です。日本では死因の2位と3位が心疾患と脳卒中といわれているのですが、この二つの原因になっているのが生活習慣病の高血圧といわれています。

 

ですから生活習慣病の高血圧を予防したり対策したりするということは大きな病気を防ぐことにもなりますし、これからの生活を見直す、いいきかっけにもなるということになります。生活習慣病の高血圧というのはたとえば、濃い味付けばかり食べている人、麺類の知るまで飲んでしまう人、外食が好きな人、腹8分目ではなくていつもお腹いっぱい食べる人などが食事の面では生活習慣病の高血圧になりやすいといわれていますが、生活面ではたばこを吸う人やストレスがたまっている人、肥満の人などがなりやすいですから生活習慣病の高血圧にならないように注意しましょう。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク